2005年10月31日

マイルーム

B00005V1CHマイ・ルーム
レオナルド・ディカプリオ ジェリー・ザックス メリル・ストリープ
アミューズソフトエンタテインメント 2002-03-01

by G-Tools

1996年アメリカ
監督:ジェリー・ザックス 製作・出演:ロバート・デ・ニーロ 脚本:スコット・マクファーソン 出演:レオナルド・ディカプリオ/ダイアン・キートン/メリル・ストリープ

MY RECOMMEND度 ★★★★★
もう10年近く前に観たものなので、忘れかけてるけどものすごく感動した作品。
反抗的な素行を続けている少年ハンク(レオ様)に手を焼く母リー(メリル・ストリープ)は、長年音信普通の姉ベッシー(ダイアン・キートン)から手紙を受け取った。自分の人生を犠牲にして父と伯母の面倒を看てきたベッシーが、現在白血病に冒され、骨髄移植を望んでいるのだ。
リーはハンクを連れて久々に故郷へと戻る。

姉と妹の和解、反抗的だったハンクもベッシーによって心が癒されていく過程なんかもよかった。忘れかけてる映像の中で、海辺で車を走らせるシーン、寝たきりの父親のベッドで、天井や壁に向けて光のプリズムを描いてるシーンが心に残ってる。あと、伯母ちゃんが昼メロにはまってる所。
医者として出演していた、ロバート・デ・ニーロは、やっぱり存在感がある。それにしても、すごい豪華な出演者だったんだな〜・・・



posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ステルス

B000C0XORYステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ジョシュ・ルーカス ロブ・コーエン ジェシカ・ビール
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-01-25

by G-Tools


今日は、ステルスを観てきました。
本当はシン・シティか
ファンタスティック・フォーを観る予定だったんだけど、
シンシティは上映してなかったし、ファンタスティックフォーに
いたっては上映開始時間からすでに1時間過ぎてる・・・
ということで11時からのステルスを観ることに。
ジェシカ・アルバ、さようなら〜


ステルス

監督 : ロブ・コーエン

出演 : ジョシュ・ルーカス
    ジェシカ・ビール
ジェイミー・フォックスほか

まだ公開したばかりだから詳しくはやめときます。

ありゃ〜失敗?のっけから、戦闘機が画面いっぱいに
びゅんびゅん飛んで→軍服姿でクラブでナンパ?
一昔前のアメリカ映画じゃあないですか・・・。
設定は近未来のハズ。

ま、気を取り直して観てました。
ストーリーはなんか先が読めてしまったけど、

映像と音はすごかった。
そういう意味では家でDVDで観るより映画館向けかな〜
なんてたって、ステルス4機が編隊くんで(イロイロな事態に陥るが)
画面いっぱいびゅんびゅん飛んでるんだから。
ちょっと画面が近すぎて目が追いつかなかったヾ(・_・;)チョット‥



人工頭脳を搭載したEDIの暴走、
   それを食い止めるトップガン3名。
最後は美談で締めくくられたような感じだけど、
 んんん〜まあ良しとしよう。

で、本編終了後に何かが、みたいなコトを最初に書いてあったので
長〜〜〜いエンドロールも我慢して見て、
(スターウォーズは余韻に浸ってたからいつまでも立てなかった・・・)

おっ、えっ???こんだけぇーーーーーーーーーーーー?

ちょっとおぉ、また続編ですか?近頃のハリウッドってば続きありすぎ!

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

海辺の家

仕事が午前中の早い時間に片付いていたので、幼稚園のお迎えまでDVD鑑賞。自分の時間が持てたのはすごく久しぶり。しかも本来の趣味のDVD鑑賞ができた
海辺の家 この間やっとレンタル。
B00018GYB0海辺の家
ケビン・クライン アーウィン・ウィンクラー クリスティン・スコット=トーマス
ポニーキャニオン 2004-03-03

by G-Tools



近くのTUTAYAには1本しかなくて...
韓流もいいけど、ヘイデンくんももっと置いて欲しい!正統派の感動作を観るのはいつ以来だろう!?

Life AS A HOUSE
建築デザイナーのジョージは、 10年前に妻・ロビンと息子のサム(ヘイデン)に家を去られてからは、 やもめ暮らし。ロビンは再婚し幸せな家庭を築いていたが、 16歳のサムは実の父・ジョージを憎み、 新しい父に心を開くこともない反抗期だった。ある日、 ジョージは務めていた建築事務所を突然解雇されたあげく、 不意に意識を失い運ばれた病院のベッドで自分の余命があと3〜4ヶ月だと宣告される。自分の人生を生まれて初めて考えたジョージは、 不仲なままの息子・サムと向き合うため、 夏休みを一緒に過ごしたいと申し出る。そして2人で生まれ育った家を壊し、 新しい家を建て直そうと言うのだ。突然の計画に反発するサム。だが自分の病状を隠したまま、 父子の奇妙な共同生活は始まった…。

予想通り泣いてしまった。アナキン役のヘイデンもすごく好きだけど、このサムはまた一味違った良さが....また当分、ひきずりそうな感じ。ちょっと影のある役ばかりなのが気になるところだけど。声がいいんだよね。少し憂いのある声というか。あの声でひょこすに向かってSW3のセリフ「The happiest moment of my life」っていわれたら卒倒するだろうな。言われたい
inlove.gif
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。