2005年11月30日

買いました。

4789725642スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
マシュー ストーヴァー ジョージ ルーカス Matthew Stover

by G-Tools


シスの復讐の小説買いました。
読もうと思った矢先、子供が嘔吐下痢・・・

オアズケです。


posted by ryu at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

覚書き2

マトリックスシリーズのアニマトリックスみたいなつなぎ要素たっぷりのクローン大戦のDVD。
レンタルであるのだろうか?聞くところによると、結構よかったらしい。
パダワン〜ジェダイになるまでのアナキンとか、パドメとの関係とか..
見てみたい!レンタルなっかたらもしかして買うしかない?とりあえず探してみよう。

シスの復讐の小説は買おうと思う。

また旦那に馬鹿にされそう。
ロードオブザリングにどっぷりはまったときも、本を全巻購入して、読みふけってたものねぇ・・・でも、今回は旦那もSWファンだから大丈夫かな!?
posted by ryu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

クローンの攻撃@見直し

先日教えてもらった隠しコマンドで、クローンの攻撃も見てみました。
入ってました\(^ ^)/ バンザーイ
EP2はNGシーンだったのですね。

ヘイデンちょっと転びすぎじゃぁ、ないですか?
しかも派手に!!疲れてんのかな?
かわいらしい笑顔がたくさん観れてシアワセ〜揺れるハート
posted by ryu at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

シスの復讐Disk2

昨日ヨーダのダンスの隠しコマンドがわからないと書いたところ、名前のない管理人さんに教えていただき、見えました(≧∇≦)キャー♪。感謝・感激です!
さすが、マスターヨーダ。何でも軽くこなせるんですね!娘も大喜びで、何度も見ました。

************************************************

削除されたシーン
@大ウケ(笑)・・オビとアナキンのサインは何?野球のサインでしょうか?オビがひげを触ったり、アナキンが顔をなでたり・・・ちょっと、ひいてしまいました。本人達はまじめな表情だけに笑えた!よかった〜削除されてて。師弟関係でも以心伝心はできない模様!

A議員の話し合い、議長に嘆願書?提出・・・あったほうが、アナキンとパドメのすれ違いがよくわかってよかったのでは・・と思いました。パルパティーンがアナキンに「パドメのあの目は何か隠し事をしている」・・と言ったときのアナキンの表情。そんなことは信じられないみたいな、苦悩するアナキン、かっこい〜。

あーー何を見ても結末が目に浮かんで、切ないキモチになる(゜-Å) ホロリ
posted by ryu at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | STAR WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

隠しコマンド?

エピソード3「シスの復讐」のDVDに隠しコマンドがあって、ヨーダのブレイクダンスが見られるって記事をよく目にするけど、どうやったら出てくるのかわからない!!!
DVD対応のPC、ショックウェーブ、シスの復讐のDVD・・・全部条件はそろってるはず。
旦那に聞いてもわからん!って言われたし、あーーーー見たい。
誰か、教えてください。
posted by ryu at 20:28| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD シス〜DVD@disk2

SWのDVDが届いたのに、思うように時間を作ってゆっくり鑑賞できない。(゜-Å)
映画は3度ほど見ているので、とりあえずDisk2から鑑賞。

全部見終わってないけど、覚書き黒ハート
@アナキン、エレベーターのドアを間違える
 ・議長救出の際、ドゥークー伯爵に倒されていたオビワンを肩にかかえて脱出するシーン。
  オビワン重そう。
Aムスタファーでアナキンがオビワンに足を切られて火傷を負うシーンはスタントなし。
 ・ジョージルーカスに「スタントなしで僕がやる、そのほうがいいでしょう?」
  かっこいい〜。でも、あのシーンは見ててつらい。端正な顔が苦痛にゆがんだ顔にかわっていくんだもん。「I hate you!」切ないあせあせ(飛び散る汗)

でも、あのシーンで、アナキンが「助けて・・」っていうシーンがあったそう。
そのシーンは削除されてて、よかった。
あれだけの戦いの後にしかもオビワンに暴言を吐いた後に助けて・・・って、どっかのチンピラになりさがるところだw。

ホンノ触りしか見てないので今日はこれまで。
  
posted by ryu at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Hayden Christensen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ズームインの録画入手♪

先日ズームインで「シスの復讐」DVD発売PRでヘイデンが出てたのを見逃した(´ヘ`;)
ようやく、録画を見ました。
かわいい黒ハート
「オハヨウゴザイマス」が言えなくても良いよ!
ゴモスになっても。

アナウンサー邪魔。ヘイデンがしゃべってんのに、かぶってるじゃん( ̄∩ ̄#

繰り返し何回も見ました!
posted by ryu at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Hayden Christensen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

バットマンビギンズ

DVDもちろんシスの復讐が届いたので

SWを観る予定だったはず、
なのに・・
旦那がバットマンビギンズを観ると言い出し、
あれ???

まぁ、良いでしょう。
SWは一人で観る方が浸れるから( ̄ー ̄)ニヤリッ。

不本意ながら観たバットマンビギンズですが、★★★★☆かな。
B000B5M7R8バットマン ビギンズ
クリスチャン・ベール クリストファー・ノーラン マイケル・ケイン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-10-28

by G-Tools


私的にはバットマンシリーズのなかで1番良かったのではないかと思います。簡単に言うと、幼少期〜バットマンになるまでのストーリーなのですが、なんかスターウォーズの新三部作を1作にまとめた感じじゃない!?(別にケチつけてるわけじゃありません)
前半はちょっと幼少期の映像が多くてくどい感がしましたが、後半は画面に釘付け。
スピード感といい、ストーリーといいGOOD
役者陣が素晴らしい。リーアム・ニースン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン。もちろん主役のクリスチャン・ベイルも新鮮で、よかったのでは・・
渡辺健・・んーーーーー!?この映画の中で違和感もなくて良かったのだけど、別にいなくても・・って感はぬぐえないな〜ラストサムライほどの存在感は残念ながらなかったです。

でも、1回観たからもうイイヤって映画じゃなかった。
また観ようかなと思ったので、4ツ★。

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

覚書き@ヘイデン

今日本を立ち読みしてたら彼の優しさを感じた。
もうハロウィーンは終わったけど、ハロウィーン記事。

〜ヘイデン・クリステンセン家

「アナキンのコスチュームを着た子供がきたら、僕がキャンディーをあげるから呼んで」
と、母に言ったそう。
いいなぁ〜ハートたち(複数ハート)私もコスチュームでも何でも着て
「trick or treat!]
って、玄関をノックした〜い!!!

年齢制限あるのかな?日本人は童顔で若く見えるからいいかな?
posted by ryu at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Hayden Christensen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ニュースの天才

B0009H9X52ニュースの天才
ヘイデン・クリステンセン ビリー・レイ ピーター・サースガード
ハピネット・ピクチャーズ 2005-07-08

by G-Tools


1998年アメリカで実際に起きた、権威ある“THE NEW REPUBLIC”誌の記者によるねつ造事件をトム・クルーズ製作指揮のもと映画化。
THE NEW REPUBLIC”誌編集部で最年少のスティーブン(ヘイデン・クリステンセン)は、同僚が政治などお堅い記事を書く中、次々と身近な特ダネを発表。

ある日編集長のチャック(ピーター・サースガード)は彼の書いた記事「ハッカー天国」に疑問を感じ始める。一人の記者の成功と転落をリアルに描く。

★★★
「僕を守ってくれ・・」
スティーブン甘すぎ!1つ嘘が崩れていくと、次々とボロがでて焦って出た言葉がこれ。しかも、チャックとは仲がいいとは言えない間柄。
嘘が嘘をよび、追い詰められていく過程はすごくリアルで見ごたえがあった。
・・・けど、
実話を映画化したら、こんなもんかな〜。
この事件を知ってたら、もっとおもしろく見えたんだろうか?
ヘイデン君映画なのに2日に渡ってしまった
でも後半はかなりテンポもよく、イライラせずに見れた。かな!

[エンディングより]
現在、チャックはワシントンポストで執筆中。
スティーブンはニューヨーク在住で、捏造に関する本を出版したとか・・
全くたくましい根性だ!あんなに泣きついてたのに。

     **************
ヘイデン・クリステンセンがハッピーになる映画が観たいよーーー
次回作は、ジェシカ・アルバと夫婦の役とか。
期待しておこう。
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

ローレライ

B0009UAZKQローレライ スタンダード・エディション
役所広司 福井晴敏 樋口真嗣
ポニーキャニオン 2005-08-19

by G-Tools

ローレライ@DVD鑑賞
2005.11.10 Thursday 23:49
潜水艦関係の映画を見ると必ず、なんだか息苦しくなるのは私だけかな〜?

空気があまりなさそうだし(そんなことは無いと思う)、
深海だし、故障したら終わりって感じがする・・・

[ 歴史上闇に葬られた開戦。日本を狙った米国による三発目の原爆をめぐる、想像を超えたストーリー展開と巨額の映像。]

って、想像を超えすぎてるよ!最高機密とされたドイツ軍開発のローレライ・システムが超能力ーーー!

潜水艦+日本人ってのもなんかチグハグ。
寄集めの乗員だったから、無理ないか〜(←「U-ボート」・「U-571」・「レッドオクトーバーを追え」など今まで観たDVDが印象強いせい??)

第二次大戦下の時代背景がわからなくても、外国作品はそれなりに楽しめたのに、この@ローレライ、さっぱり話についていけない。

歴史上闇に葬られてるから歴史を知ってても分からないのはコレも無理ないか・・

東京への原爆を阻止するために、アメリカ海軍が無数の駆逐艦・潜水艦を集結させていたテニアンに向かう伊507。

CGはそれなりによかったと思うけど、ハリウッドには及ばないw・・・。コレも制作費が違うから無理ないか〜。


この映画の見所?考えてみた。(普通、映画を見終わった後、こんな気持ちにはならないのに...)
文句ばっか、書いてしまったけど、「命の大切さ」「未来につなぐ希望」「伊507艦長役の役所広司」かな〜、あと音楽も・・・。




あらすじ・・・1945年8月、ドイツ降伏後日本海軍に収容された戦利潜水艦「伊507」。海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐は、この艦の艦長に、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を任命。原子爆弾を積んだ敵輸送艦を撃沈するミッションを与えた。

続きを読む
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ファンタスティック・フォー

f4.jpg
ファンタスティック・フォーを観ました(遅っ!)
テンポもよくて時間も短いし、なんといってもジェシカ・アルバ(ダークエンジェル以来)かわいいーし、あきない1本。
でも、私的にはスパイダーマン、X-MENのほうがよかったかなぁ・・

科学者のリード・リチャーズは、人間の進化に影響する宇宙嵐を調査する資金集めに奔走している。学生時代からリードのライバルだったバン・ドゥームは、研究を自分の功績に出来ると企み、リードに資金提供することに。リードは、相棒ベン、元恋人の科学者スーと、その弟ジョニーと宇宙へ旅立つが、予想より早く訪れた宇宙嵐に巻き込まれ、全員がその放射線をあびてしまう。地球に戻った彼らは、やがて不思議な力を発揮し始める…。[goo映画参照]

リード・・・自在に体を伸縮させるミスター・ファンタスティック。
ワンピのルフィーの実写版?かと思いましたw。ゴムゴムの〜〜って心の中で叫んでました。
 
スー・・・・光を操り物体を透明化するインビジブル・ウーマン。
かわいいーー♪透明化寸前で失敗し、下着姿披露。いいねいいね〜!やっぱり、ジェシカは超人が似合う!?
       
ジョニー・・驚異の発火能力で空をも飛び回るヒューマン・トーチ。
火になるのがわかってたので、雪山でのスノボーシーンで、オチまだかなまだかな〜とわくわくしてしまいました。

ベン・・・・岩の体で怪力を持つザ・シング。
何故?一人だけ普通の姿に戻れなかったの〜??と思いながらもアップテンポで進行したので途中からそんな疑問も消えました。途中で多重事故になって、救急隊を超人の力を使って救出。周りの野次馬たちから、ヤンヤヤンヤと拍手喝さい!!でもでもその事故の原因を作ったのはアナタですから〜〜〜残念!ってまたまた心の中で叫びました。

の4人が、邪悪な敵に立ち向かっていく。って話なんだけど、邪悪?バン・ドゥームって邪悪な敵なのかなぁ・・嫉妬からダークサイドに落ちたっていう点で、SWのアナキンとダブってかわいそうだったけどな。まさにダースベイダー?っていうシーンもあったけど。

END間近・・・ありゃりゃ〜また続編っすか??
でも、またジェシカが出演なら、それも良いでしょう!

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

キングダム・オブ・ヘブン

『グラディエーター』などの巨匠、リドリー・スコット監督が、12世紀を舞台に、十字軍とエルサレムの関係を史実に基づいて描いた壮大なアクション絵巻。
B000ACQ8J0キングダム・オブ・ヘブン(UMD Video)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-10-07

by G-Tools



監督:リドリー・スコット
出演:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/リアム・ニースン/エドワード・ノートン


MY RECOMMENED度 ★★★☆☆

5月に友達と映画館で見た1本。
やっぱり、こういうスケールの大きい作品は家で見るより映画館がいいな。

愛と感動の超大作ヒューマン・ドラマな映画。
なのですが、オーランド映画でしょう!まぁ個人的にはオーランド・ブルームはロード・オブ・ザリングのレゴラス以来のファンだからいいケド・・・

話の筋はそれこそ単純なのですが、時代背景がさっぱり忘れてるノデ、(なんせ12世紀エルサレム、十字軍、サラセン帝国??なんて歴史の教科書で少ーーーし触れてただけですもの。歴史は得意だったけどもう十数年たってるしねぇ.......)ちょっ話についていけない場面がたびたび。サラセンのほうはみんな同じ顔に見えて誰が誰だかわかんなくなちゃったり・・・でも戦いのシーンなんかはスケールの大きさを感じた。(ちょっと、城壁の中と外でドンパチしてる場面はロード〜とかぶってるように感じたけどね)
戦争や、爆弾では死にたくないな〜と痛感しました。あんなふうに穴掘ってゴチャゴチャに入れられて焼かれるのはイヤだ!(←多分こういうことを訴えてる映画じゃないんだけどね(笑)・・)R指定はいってたっけ??ちょっとうっってくる場面があったような。
それに純日本人にはちょっと受け入れるには無理があるかな〜。
聖地エルサレムの奪回??島国日本にはカンケイないです。
で、鍛冶屋が騎士に成長?ちょっと無理がある様な・・まぁオーランドがかっこいいからいいけど、そういえばパイレーツでも鍛冶屋だったなぁ。

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。