2006年05月02日

サハラ

サハラ -死の砂漠を脱出せよ-
マシュー・マコノヒー クライヴ・カッスラー ブレック・アイズナー
B000A16D46


あらすじ
海洋保全を担当するNUMA(国立海中海洋機関)のエージェントにしてトレジャーハンターのダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)は、西アフリカで発見された一枚の金貨に触発され、マリ国境へと飛ぶ。その金貨は、南北戦争時に莫大な財宝とともに姿を消した甲鉄艦テキサスの存在を確信させるものだったのだ。
一方、ナイジェリアでは奇妙な疫病が流行っていた。WHO(世界保健機関)のエヴァ・ロハス博士(ペネロペ・クルス)は、その感染源がマリにあると判断。だが、内戦が勃発したため入国することができない。エヴァは感染者を助けたい一心でNUMAに協力を乞うが失敗に終わり、マリ国境へと向かうピットのボートに同乗させてもらうことに。ところが実は、エヴァは何者かに狙われていた……。


冒険小説のヒーロー、「ダーク・ピット」シリーズ。
ダークピット?全然知らなかった(^^;)
そういえば、ダークがとても素敵だったなぁと、今更思い返す・・・
でも私の一番の見所は、ダークとアルのコメディのような会話やアクションでした。

冒頭〜〜〜眠気がzzz…
でしたが、ボートのアクションシーンからようやく面白くなりました。
そう、冒頭部分は、ひっぱりすぎ!!

 あまり考えずに見れる作品で音楽も映像も良いし、暇つぶしにはGOOD。
何か物足りないな〜と思うけど、まぁいっかー。内容を追求せずに観て楽しむ映画ってことで。

観ている間、ずっとアルの事をどこかで観たような・・??と
考えていたのですが、ヘイデン君のニュースの天才に出ていたのですね。
あースッキリ♪した。


posted by ryu at 13:03| Comment(47) | TrackBack(10) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

イントゥザブルー

最近、ゆっくりとDVD鑑賞の時間がとれて幸せ♪
イントゥザブルー観ました。
INTO the BLUE.jpg

海がとてもキレイです。映画を見るのが嫌いな人でも、映像だけでも癒されると思います。あっ・・・・・でもサメはこわい


あらすじ
バハマで暮らすジャレッドの夢は、財宝を積んだ沈没船を見つけること。今は貧乏ながらも、恋人のサムと幸せな毎日を送っている。そんなある日、友人2人を交えた4人でダイビングしている途中、ジャレッドはついに伝説の沈没船の痕跡を見つける。しかし同時に、すぐそばで大量の麻薬を積んだ飛行機まで発見してしまう。海底に沈んだ飛行機の件を警察に話せば、現場は封じられ宝の船にも近づけなくなる。そこで飛行機の存在はしばらく秘密にし、船の探索を始めた4人だったが・・・。
goo映画より引用


カチンコ簡潔に感想

青春映画のような始まりで、何だかドキドキ♪で観ていたのですが、
実はアクション?な展開になり、退屈せずにみることができた。かな!


ジェシカ.jpg海はきれいで泳ぎたいっ、とは思うけど足の届く範囲でね。だって、サメは怖い。でも、ジェシカたちは本当のサメの中を泳いで撮影したとか・・勇気ありますね。役者魂ってやつですか。


ジェシカの相手役ポールウォーカーもかっこよかった♪
ワイルドスピードもよかったけど、海が似合う
posted by ryu at 12:36| Comment(0) | TrackBack(1) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ザスーラ

原油高の影響で、仕事がめっきり少なくなってお気楽な生活をおくってます!お気楽どころか・・・ダラけた生活かも(^^;)

ということで、DVD鑑賞ができる幸せをかみしめています(^▽^)
ザスーラを観ました。

ザスーラ.jpg


あらすじ
兄のウォルターと弟のダニーは、いつもケンカばかり。ある日ダニーは、ワォルターに閉じ込められた地下室で “ザスーラ”と書かれたふるいボードゲームを見つける。ルールも読まずにゲームを始めてしまった瞬間、家の中に大量の流星群が降ってきたかと思うと、宇宙への家ごと放り出されてしまう。そして二人を待ち受けていたのは、巨大化したロボットや凶暴な肉食エイリアンの攻撃など予測不能な危険の連続だった!


以前のジュマンジの宇宙版なんですが、
弟のダニー、6才・・娘と同じ年です。
遊ぼう!とウルサイです('〜')
無視していると、近くで何かと邪魔をする。

→どこの国の6歳児もこんなものなんでしょうね。邪険に扱うとエライことをしでかすかもしれないので、これからちゃんと相手をしてあげようと心に誓う私でありました(;^_^A

観たい!と思って観た訳ではないですが、それなりによかったです。
兄弟げんかが絶えない、という方は家族揃って観るのもいいかも。
posted by ryu at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ダニー・ザ・ドッグ

ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション<通常版>
ジェット・リー ルイ・レテリエ モーガン・フリーマン
B000BTNKUC

ストーリー: 5歳の時に誘拐され、バート(ボブ・ホスキンス)という男の奴隷として、犬のような扱いを受けて育てられたダニー(ジエット・リー)。成長した彼はアンダーグラウンドの格闘技場で戦って、バートのために金を稼いでいた。

続きを読む
posted by ryu at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

ドッジボール

dd.jpg

24のレンタルDVDのなかに何度も入っていた予告編でずっと気になっていた1本。
TSUTAYAの半額レンタルで借りてきて観ました。

主人公のピーター・ラ・フルール(ヴィンス・ヴォーン)は、半年間も滞納警告を無視して、さびれたスポーツ・ジムを差し押さえられ、30日以内に5万ドルを支払わないとジムを買収されてしまう。買収を画策しているのは、ピーターのジムの目の前で大盛況のジムを経営しているホワイト・グッドマン(ベン・スティラー)だ。ホワイトはその名前とは裏腹に、自己中のナルシストで全てが「オレ様主義」に徹底したイヤ味な奴。はたして、トホホ男のピーターは、ホワイトの魔の手からジムを守れるのか?

優勝賞金5万ドルを目指して「ドッジボール選手権」にでることになったのですが、
練習風景が笑える!ピーターのジムに通う人たちも超個性的でおもしろかった。

ドッジボールはやったことあるけど、日本とアメリカじゃ違うみたい。
っていうか、正式なルールは知らないけど。
アメリカのルールは
●1チームのプレイヤーは6人で使用ボールは6個。
●どちらかのチームの選手が全員アウトで1セット終了(1ゲーム3セット)
●ゲームスタート時にはセンターラインをはさんで挨拶。その後エンドラインの外側に立ち「レディ、ドッジボール」の掛け声でセンターラインに置かれたボールを奪い合う。
●エンドラインに戻り、ホイッスルを合図にゲームスタート


私がやったことのあるドッジはボールが1個だったけど、
アメドジのほうが何だかおもしろそう。1個を避けてもまた次が飛んでくるからハードかな。
大人でもこんなに楽しめるスポーツなんだね〜
d1.jpgd2.jpg


チャックノリス、すごくじいさんになっててびっくり。
ブルースリーシリーズ以来、久々に観たw(他にも出演してたのでしょうが知らないだけ)

あとツール・ド・フランスで優勝したランス・アームストロングが、ハマリ役で特別出演。
posted by ryu at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

マスクオブゾロ

B0002T1ZDAマスク・オブ・ゾロ
アントニオ・バンデラス マーティン・キャンベル アンソニー・ホプキンス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-10-06

by G-Tools

ストーリー:かつては民衆の英雄ゾロと呼ばれた男ドン・ディエゴ。20年に及ぶ投獄生活から脱した彼は、宿敵ドン・ラファエルを倒すため再び立ち上がる。だがそんなディエゴが目にしたのは、ラファエルの傍らに佇む美しく成長した愛娘エレナの姿だった。性急な行動を思い留めたディエゴは、盗賊あがりの青年アレハンドロを自らの後継者に育てあげる決心をする。こうしてディエゴから正義の意志とマスクを受け継いだアレハンドロは、民衆の英雄ゾロとしてラファエルに戦いを挑む・・・


レジェンドオブゾロを観に行きたいので、前ふりに見た。
ストーリーも単純で、何も考えずに楽しめた。
剣を扱う姿って、やっぱ惚れ惚れするなぁ。(ジェダイもGOOよぴかぴか(新しい)
立ち居振る舞いが優雅と言うか・・・小学校のときフェンシングを習いたかったけど、両親に却下されたのを思い出した・・・・習っとけばよかったと。
バンデラスはあまり好きな俳優ではないけど、このゾロはかっくいかったグッド(上向き矢印)
剣でシャッシャッシャッとZのマークを描いたりして。
でも、やっぱりアンソニーホプキンスは渋い(≧∇≦)。いいなぁ。何の役でもぴったりこなせる感じ。
これって、スピルバークだったんだ。知らなかった。
posted by ryu at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

トリプルX

B000BPK5L8トリプルX ネクスト・レベル コレクターズ・エディション
アイス・キューブ リー・タマホリ サミュエル・L・ジャクソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-16

by G-Tools


せっかくDVD借りて観たのに、こんなに早くテレビでするとは・・・
ちょっとショックもうやだ〜(悲しい顔)
あーーデモ、あまり内容覚えてなかったので(映像はなんとなく覚えていた)、まぁ良しとしておこう。

Xスポーツとスパイ映画の融合。
ストリートの悪たちの伝説的ヒーロー、ザンダー(ヴィン・ディーゼル)は、アメリカ国家安全保障局(NSA)に捕らえられ、これまでの罪を免除してもらう代わりにスパイとして働かされる羽目になり、テロ組織の陰謀うごめくチェコのプラハへ飛ぶ。

ヴィンの愛嬌のある顔とタトゥーマッチョのギャップも好感がもてる揺れるハート
そういえばヴィン・ディーゼルはプライベート・ライアンに出てたって解説で言ってたけど、
映画観たのに、全く記憶にない。どんな役だったのか気になる〜目
posted by ryu at 02:22| Comment(2) | TrackBack(2) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

インタビューウィズバンパイア

正月の深夜放送。
1度は見たことあったけど、内容は全く忘れてたので新たな気持ちで観た。
美しい印象が残ってたけど、結構グロテスクだったんだ・・

やっぱりブラピは綺麗だw。


トム・クルーズ、ブラッドピット、クリスチャン・スレーター、アントニオ・バンデラス

<ストーリー>
現代のサンフランシスコ。街を見下ろすビルの一室で、インタビュアーを前に美しい青年ルイ(ブラピ)が自らの半生を語り始めた。18世紀末、最愛の妻を亡くし、絶望の淵に沈む彼の前に現れた悪魔的美貌の吸血鬼レスタト(トム)。
彼によって永遠の命を与えらたルイは、レスタトと共に世紀末の夜をさまよう。人間の命を奪うことをなんとも思わないレスタトに対し、人間の心を捨てきれずに苦悩するルイ。だがある夜、母の亡骸にすがりつく少女クローディアと出会ったルイは、衝動的にその命を奪ってしまう。彼女をヴァンパイアの一族に招き入れるべく新しい命を吹き込むレスタト。
しかし、それは思わぬ悲劇の始まりだった!

永遠の命を生きるヴァンパイアの苦悩と孤独が、幻想的に綴られる。
posted by ryu at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

チキンリトル

chicken.jpgチキンリトルを観て来ました。
ネットで見たときには余裕ありだったのに、
いざ映画館にいくと残り10席。
しかも隣で座れるのはA列のみ。
・・・・1番前でした[:汗:]
首がだるい〜
やっぱレディースデイと正月の組み合わせは駄目ですね〜。
映画は、ド真ん中で見たいものです。

キャラチキン小さな身体に大きすぎる勇気をもつ男の子
公式ホームページ http://www.disney.co.jp/movies/chicken/



1年前、ささいなきっかけから町中を大パニックに陥れるほどの大失敗をしでかして以来、「ダメダメ君」のレッテルを貼られ、何をやってもドジばかり繰り返している。
そんな彼の心の支えは、大親友のフィッシュ、ラント、アビー。笑いものになってしまったチキン・リトルを励まし、勇気を与えてくれるかけがえのない存在だ。

自分にも何かできることを証明し、最愛の父の信頼を回復するチャンスを・・・。
チキン・リトルはひたすら願っていた。


肩の力を抜いて楽しめる映画でした。

仲間たちとの友情、父と子の愛情。
そして勇気と信念があれば、きっとどんな困難に打ち勝てるという
暖かいメッセージがいっぱい詰まった作品でした。 

映画好きなら見たことある・・パロディ満載で大人も楽しめると思います。
「インディ・ジョーンズ」「未知との遭遇」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「宇宙戦争」「キングコング」・・・少し「スターウォーズ」

音楽も、あっこの曲知ってる、なんだっけ??
みたいな曲が使われてました。

でも、リトルの声が花沢さん(サザエさん)なのは、イメージ(私の中ではかわいい子供っぽい声)違うなと思いました。字幕版の声はどんなだったか気になる〜!!
B000AY1T0Gマジカルコレクション134「チキン・リトル」チキン・リトルトミー by G-Tools


パンフレット買ったのに、早くも傷んでます
子供って、大事に取っておこうって気はないのか

posted by ryu at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

ふたりはプリキュアMAX HEART2

051221_2104~01.JPG
プリキュア映画、行ってきました。のこのこさん親子と。

3時から上映と思ってたら1時50分〜。気づいたのは、幼稚園のお迎え前(TT)。

今日は早々とお迎えを済ませて、そのまま映画館へ直行でした。

今回のテーマは友情。場所は雲の園のお話でした。

昨日、「1リットルの涙」の最終回でほぼ1時間泣きっぱなしだった私は、朝からまぶたも重いし頭は痛いし最悪のコンディション。
涙腺もゆるんでたので、プリキュアのちょっとした場面でもうるうるです(゜-Å)

私たちの後ろの子供達にぎやかでした( ̄∩ ̄#
変身の決めセリフとか一緒になって叫んでるし、
「デュアルオーロラウェ〜〜〜イブ」
「ルミナス・・なんたらかんたら・・・アンクション!」とか。
もちろん歌も歌ってましたw
最後の場面ではヒクヒク泣いてるし・・・ほんっと賑やかでした。

誰も笑ってなかったけど、一人ウケてた場面↓↓↓
結構シリアスなところで場面が旅館で心配してる友達に代わるシーン。
旅館の部屋のテレビが、アタック25!
コダマさんが「アタックチャーーーーンス!」なんて言ってるよ(笑)
もちろん実写画像。何故に????

私としては、前回の映画の方が良かったかな・・

入場者全員にくれるプレゼント。(大人は戴けないのね)今日は1日首にかけてました。多分、明日からは見向きもしないだろう・・・・・1品です。

051221_2105~01.JPG
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

アイランド@ユアンマクレガー

B000BKJLPYアイランド(UMD Video)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-25

by G-Tools

あらすじ・・・2019年、リンカーン(ユアン)は大気汚染から救いだされ、完璧に管理された味気ない都市空間のコミュニティで暮らしている。安全で快適だけれど、退屈な日々。ここで暮らす人々の夢は、地上最高の楽園「アイランド」へ行くこと。アイランド行きを決める抽選会が彼らの最大の関心事だ。しかしリンカーンはある日ふとしたことから、この都市空間の恐るべき真実を知ってしまう。


完全に、頭がstar wars化されてる私は、最初
「あれ?アナキンは?」
「オビ・ワン、ライトセーバーはあるでしょう?もっとフォース使って!・・・」みたいな感覚に陥ってしまいました。(^^;)だめだ〜〜。
途中から(アクションが多くなってきてようやく)、アイランドをちゃんと観ることができたのだけど、なんか輝夜姫っていう漫画に似てない?大本のテーマが。(←コレ書くとネタばれになるので伏せておきます)
中盤以降は飽きさせないテンポでストーリーが進むので面白かったです。(今度はちょっと24の感覚に陥ったりしましたが・・・)最後は、ありゃりゃ〜〜〜、今後はこの世界の秩序はどうなるの?という疑問が残る1本でした!
ユアンマクレガーとスカーレットヨハンスンはすごくよかった。ショーン・ビーンまた悪役なのね・・・
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

バットマンビギンズ

DVDもちろんシスの復讐が届いたので

SWを観る予定だったはず、
なのに・・
旦那がバットマンビギンズを観ると言い出し、
あれ???

まぁ、良いでしょう。
SWは一人で観る方が浸れるから( ̄ー ̄)ニヤリッ。

不本意ながら観たバットマンビギンズですが、★★★★☆かな。
B000B5M7R8バットマン ビギンズ
クリスチャン・ベール クリストファー・ノーラン マイケル・ケイン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-10-28

by G-Tools


私的にはバットマンシリーズのなかで1番良かったのではないかと思います。簡単に言うと、幼少期〜バットマンになるまでのストーリーなのですが、なんかスターウォーズの新三部作を1作にまとめた感じじゃない!?(別にケチつけてるわけじゃありません)
前半はちょっと幼少期の映像が多くてくどい感がしましたが、後半は画面に釘付け。
スピード感といい、ストーリーといいGOOD
役者陣が素晴らしい。リーアム・ニースン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン。もちろん主役のクリスチャン・ベイルも新鮮で、よかったのでは・・
渡辺健・・んーーーーー!?この映画の中で違和感もなくて良かったのだけど、別にいなくても・・って感はぬぐえないな〜ラストサムライほどの存在感は残念ながらなかったです。

でも、1回観たからもうイイヤって映画じゃなかった。
また観ようかなと思ったので、4ツ★。

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ニュースの天才

B0009H9X52ニュースの天才
ヘイデン・クリステンセン ビリー・レイ ピーター・サースガード
ハピネット・ピクチャーズ 2005-07-08

by G-Tools


1998年アメリカで実際に起きた、権威ある“THE NEW REPUBLIC”誌の記者によるねつ造事件をトム・クルーズ製作指揮のもと映画化。
THE NEW REPUBLIC”誌編集部で最年少のスティーブン(ヘイデン・クリステンセン)は、同僚が政治などお堅い記事を書く中、次々と身近な特ダネを発表。

ある日編集長のチャック(ピーター・サースガード)は彼の書いた記事「ハッカー天国」に疑問を感じ始める。一人の記者の成功と転落をリアルに描く。

★★★
「僕を守ってくれ・・」
スティーブン甘すぎ!1つ嘘が崩れていくと、次々とボロがでて焦って出た言葉がこれ。しかも、チャックとは仲がいいとは言えない間柄。
嘘が嘘をよび、追い詰められていく過程はすごくリアルで見ごたえがあった。
・・・けど、
実話を映画化したら、こんなもんかな〜。
この事件を知ってたら、もっとおもしろく見えたんだろうか?
ヘイデン君映画なのに2日に渡ってしまった
でも後半はかなりテンポもよく、イライラせずに見れた。かな!

[エンディングより]
現在、チャックはワシントンポストで執筆中。
スティーブンはニューヨーク在住で、捏造に関する本を出版したとか・・
全くたくましい根性だ!あんなに泣きついてたのに。

     **************
ヘイデン・クリステンセンがハッピーになる映画が観たいよーーー
次回作は、ジェシカ・アルバと夫婦の役とか。
期待しておこう。
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

ローレライ

B0009UAZKQローレライ スタンダード・エディション
役所広司 福井晴敏 樋口真嗣
ポニーキャニオン 2005-08-19

by G-Tools

ローレライ@DVD鑑賞
2005.11.10 Thursday 23:49
潜水艦関係の映画を見ると必ず、なんだか息苦しくなるのは私だけかな〜?

空気があまりなさそうだし(そんなことは無いと思う)、
深海だし、故障したら終わりって感じがする・・・

[ 歴史上闇に葬られた開戦。日本を狙った米国による三発目の原爆をめぐる、想像を超えたストーリー展開と巨額の映像。]

って、想像を超えすぎてるよ!最高機密とされたドイツ軍開発のローレライ・システムが超能力ーーー!

潜水艦+日本人ってのもなんかチグハグ。
寄集めの乗員だったから、無理ないか〜(←「U-ボート」・「U-571」・「レッドオクトーバーを追え」など今まで観たDVDが印象強いせい??)

第二次大戦下の時代背景がわからなくても、外国作品はそれなりに楽しめたのに、この@ローレライ、さっぱり話についていけない。

歴史上闇に葬られてるから歴史を知ってても分からないのはコレも無理ないか・・

東京への原爆を阻止するために、アメリカ海軍が無数の駆逐艦・潜水艦を集結させていたテニアンに向かう伊507。

CGはそれなりによかったと思うけど、ハリウッドには及ばないw・・・。コレも制作費が違うから無理ないか〜。


この映画の見所?考えてみた。(普通、映画を見終わった後、こんな気持ちにはならないのに...)
文句ばっか、書いてしまったけど、「命の大切さ」「未来につなぐ希望」「伊507艦長役の役所広司」かな〜、あと音楽も・・・。




あらすじ・・・1945年8月、ドイツ降伏後日本海軍に収容された戦利潜水艦「伊507」。海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐は、この艦の艦長に、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を任命。原子爆弾を積んだ敵輸送艦を撃沈するミッションを与えた。

続きを読む
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ファンタスティック・フォー

f4.jpg
ファンタスティック・フォーを観ました(遅っ!)
テンポもよくて時間も短いし、なんといってもジェシカ・アルバ(ダークエンジェル以来)かわいいーし、あきない1本。
でも、私的にはスパイダーマン、X-MENのほうがよかったかなぁ・・

科学者のリード・リチャーズは、人間の進化に影響する宇宙嵐を調査する資金集めに奔走している。学生時代からリードのライバルだったバン・ドゥームは、研究を自分の功績に出来ると企み、リードに資金提供することに。リードは、相棒ベン、元恋人の科学者スーと、その弟ジョニーと宇宙へ旅立つが、予想より早く訪れた宇宙嵐に巻き込まれ、全員がその放射線をあびてしまう。地球に戻った彼らは、やがて不思議な力を発揮し始める…。[goo映画参照]

リード・・・自在に体を伸縮させるミスター・ファンタスティック。
ワンピのルフィーの実写版?かと思いましたw。ゴムゴムの〜〜って心の中で叫んでました。
 
スー・・・・光を操り物体を透明化するインビジブル・ウーマン。
かわいいーー♪透明化寸前で失敗し、下着姿披露。いいねいいね〜!やっぱり、ジェシカは超人が似合う!?
       
ジョニー・・驚異の発火能力で空をも飛び回るヒューマン・トーチ。
火になるのがわかってたので、雪山でのスノボーシーンで、オチまだかなまだかな〜とわくわくしてしまいました。

ベン・・・・岩の体で怪力を持つザ・シング。
何故?一人だけ普通の姿に戻れなかったの〜??と思いながらもアップテンポで進行したので途中からそんな疑問も消えました。途中で多重事故になって、救急隊を超人の力を使って救出。周りの野次馬たちから、ヤンヤヤンヤと拍手喝さい!!でもでもその事故の原因を作ったのはアナタですから〜〜〜残念!ってまたまた心の中で叫びました。

の4人が、邪悪な敵に立ち向かっていく。って話なんだけど、邪悪?バン・ドゥームって邪悪な敵なのかなぁ・・嫉妬からダークサイドに落ちたっていう点で、SWのアナキンとダブってかわいそうだったけどな。まさにダースベイダー?っていうシーンもあったけど。

END間近・・・ありゃりゃ〜また続編っすか??
でも、またジェシカが出演なら、それも良いでしょう!

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

キングダム・オブ・ヘブン

『グラディエーター』などの巨匠、リドリー・スコット監督が、12世紀を舞台に、十字軍とエルサレムの関係を史実に基づいて描いた壮大なアクション絵巻。
B000ACQ8J0キングダム・オブ・ヘブン(UMD Video)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-10-07

by G-Tools



監督:リドリー・スコット
出演:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/リアム・ニースン/エドワード・ノートン


MY RECOMMENED度 ★★★☆☆

5月に友達と映画館で見た1本。
やっぱり、こういうスケールの大きい作品は家で見るより映画館がいいな。

愛と感動の超大作ヒューマン・ドラマな映画。
なのですが、オーランド映画でしょう!まぁ個人的にはオーランド・ブルームはロード・オブ・ザリングのレゴラス以来のファンだからいいケド・・・

話の筋はそれこそ単純なのですが、時代背景がさっぱり忘れてるノデ、(なんせ12世紀エルサレム、十字軍、サラセン帝国??なんて歴史の教科書で少ーーーし触れてただけですもの。歴史は得意だったけどもう十数年たってるしねぇ.......)ちょっ話についていけない場面がたびたび。サラセンのほうはみんな同じ顔に見えて誰が誰だかわかんなくなちゃったり・・・でも戦いのシーンなんかはスケールの大きさを感じた。(ちょっと、城壁の中と外でドンパチしてる場面はロード〜とかぶってるように感じたけどね)
戦争や、爆弾では死にたくないな〜と痛感しました。あんなふうに穴掘ってゴチャゴチャに入れられて焼かれるのはイヤだ!(←多分こういうことを訴えてる映画じゃないんだけどね(笑)・・)R指定はいってたっけ??ちょっとうっってくる場面があったような。
それに純日本人にはちょっと受け入れるには無理があるかな〜。
聖地エルサレムの奪回??島国日本にはカンケイないです。
で、鍛冶屋が騎士に成長?ちょっと無理がある様な・・まぁオーランドがかっこいいからいいけど、そういえばパイレーツでも鍛冶屋だったなぁ。

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

マイルーム

B00005V1CHマイ・ルーム
レオナルド・ディカプリオ ジェリー・ザックス メリル・ストリープ
アミューズソフトエンタテインメント 2002-03-01

by G-Tools

1996年アメリカ
監督:ジェリー・ザックス 製作・出演:ロバート・デ・ニーロ 脚本:スコット・マクファーソン 出演:レオナルド・ディカプリオ/ダイアン・キートン/メリル・ストリープ

MY RECOMMEND度 ★★★★★
もう10年近く前に観たものなので、忘れかけてるけどものすごく感動した作品。
反抗的な素行を続けている少年ハンク(レオ様)に手を焼く母リー(メリル・ストリープ)は、長年音信普通の姉ベッシー(ダイアン・キートン)から手紙を受け取った。自分の人生を犠牲にして父と伯母の面倒を看てきたベッシーが、現在白血病に冒され、骨髄移植を望んでいるのだ。
リーはハンクを連れて久々に故郷へと戻る。

姉と妹の和解、反抗的だったハンクもベッシーによって心が癒されていく過程なんかもよかった。忘れかけてる映像の中で、海辺で車を走らせるシーン、寝たきりの父親のベッドで、天井や壁に向けて光のプリズムを描いてるシーンが心に残ってる。あと、伯母ちゃんが昼メロにはまってる所。
医者として出演していた、ロバート・デ・ニーロは、やっぱり存在感がある。それにしても、すごい豪華な出演者だったんだな〜・・・

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ステルス

B000C0XORYステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ジョシュ・ルーカス ロブ・コーエン ジェシカ・ビール
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-01-25

by G-Tools


今日は、ステルスを観てきました。
本当はシン・シティか
ファンタスティック・フォーを観る予定だったんだけど、
シンシティは上映してなかったし、ファンタスティックフォーに
いたっては上映開始時間からすでに1時間過ぎてる・・・
ということで11時からのステルスを観ることに。
ジェシカ・アルバ、さようなら〜


ステルス

監督 : ロブ・コーエン

出演 : ジョシュ・ルーカス
    ジェシカ・ビール
ジェイミー・フォックスほか

まだ公開したばかりだから詳しくはやめときます。

ありゃ〜失敗?のっけから、戦闘機が画面いっぱいに
びゅんびゅん飛んで→軍服姿でクラブでナンパ?
一昔前のアメリカ映画じゃあないですか・・・。
設定は近未来のハズ。

ま、気を取り直して観てました。
ストーリーはなんか先が読めてしまったけど、

映像と音はすごかった。
そういう意味では家でDVDで観るより映画館向けかな〜
なんてたって、ステルス4機が編隊くんで(イロイロな事態に陥るが)
画面いっぱいびゅんびゅん飛んでるんだから。
ちょっと画面が近すぎて目が追いつかなかったヾ(・_・;)チョット‥



人工頭脳を搭載したEDIの暴走、
   それを食い止めるトップガン3名。
最後は美談で締めくくられたような感じだけど、
 んんん〜まあ良しとしよう。

で、本編終了後に何かが、みたいなコトを最初に書いてあったので
長〜〜〜いエンドロールも我慢して見て、
(スターウォーズは余韻に浸ってたからいつまでも立てなかった・・・)

おっ、えっ???こんだけぇーーーーーーーーーーーー?

ちょっとおぉ、また続編ですか?近頃のハリウッドってば続きありすぎ!

posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

海辺の家

仕事が午前中の早い時間に片付いていたので、幼稚園のお迎えまでDVD鑑賞。自分の時間が持てたのはすごく久しぶり。しかも本来の趣味のDVD鑑賞ができた
海辺の家 この間やっとレンタル。
B00018GYB0海辺の家
ケビン・クライン アーウィン・ウィンクラー クリスティン・スコット=トーマス
ポニーキャニオン 2004-03-03

by G-Tools



近くのTUTAYAには1本しかなくて...
韓流もいいけど、ヘイデンくんももっと置いて欲しい!正統派の感動作を観るのはいつ以来だろう!?

Life AS A HOUSE
建築デザイナーのジョージは、 10年前に妻・ロビンと息子のサム(ヘイデン)に家を去られてからは、 やもめ暮らし。ロビンは再婚し幸せな家庭を築いていたが、 16歳のサムは実の父・ジョージを憎み、 新しい父に心を開くこともない反抗期だった。ある日、 ジョージは務めていた建築事務所を突然解雇されたあげく、 不意に意識を失い運ばれた病院のベッドで自分の余命があと3〜4ヶ月だと宣告される。自分の人生を生まれて初めて考えたジョージは、 不仲なままの息子・サムと向き合うため、 夏休みを一緒に過ごしたいと申し出る。そして2人で生まれ育った家を壊し、 新しい家を建て直そうと言うのだ。突然の計画に反発するサム。だが自分の病状を隠したまま、 父子の奇妙な共同生活は始まった…。

予想通り泣いてしまった。アナキン役のヘイデンもすごく好きだけど、このサムはまた一味違った良さが....また当分、ひきずりそうな感じ。ちょっと影のある役ばかりなのが気になるところだけど。声がいいんだよね。少し憂いのある声というか。あの声でひょこすに向かってSW3のセリフ「The happiest moment of my life」っていわれたら卒倒するだろうな。言われたい
inlove.gif
posted by ryu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD/映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。